けおのTokyoサバイバル

生き残れるか東京で?仕事と女とお金と夢と。

ストレスで帯状疱疹になった

  

どーも。けおです。

ストレスで帯状疱疹になった時の話。本当に命の危険にもつながる大事なお話なのでこれ見て心あたりある人はすぐ病院行くように!!!!
一生を台無しにする可能性ありです。ペインクリニックと一生おつきあいになるかもしれないので!
皮膚科にすぐにGoしてください。仕事があるからいけない?どーでもいいです。命のほうが大事です。おばあちゃんウソで亡くならせて殺しておいて休んでください
自分はダニと見誤って初動遅れたのでそんなことの無いように!

経緯(帯状疱疹が知りたい人は飛ばしてください)

あれは、年末も近い冬のある月曜日の会社。

なんか、仕事中左の足が痒い。というかピリピリするというか。

とにかく変な感じ。

まぁ、その時は仕事中だったしその部位を確認するとかしなくて、ほっときゃ治るだろというか、まぁ気のせいかなぐらいに考えてた。

~3日ぐらいして~
まだ、なんかかゆい。ちょっと部位見てみるか。

ギャー。なんじゃこりゃー。
なんかぽつぽつができてるー。
気持ち悪い。
ダニ?ダニじゃね?
そういえば、こないだ日曜日にしこたま酒飲んで、そのままこたつのある部屋でカーペットで寝たな。。
あー。やっちゃたわ。これ。ダニですわ。
だってしばらく掃除してなかったもん。

ググってみる。たしかにダニっぽい。
速攻で、家掃除した。
こたつの布団もカバー外して、洗濯して、こたつかたして、カーペット掃除機かけて、コロコロした。

ダニか。。。餅は餅屋じゃ。皮膚科にレッツゴー。

という時には1週間ぐらいたってたかな?

皮膚科で見せるのに、太もも長ズボンじゃみせられんがな。ということで
ハーフパンツをはいていく。だって、ズボンそのままおろしたらパンツだぜ。

そこはマナーでしょ。とまぁそれたのでどーでもよい。

けお「ダニっぽいんですけど」
医者「どれどれ?ん?」
医者「これは違うねー。いつから?」
けお「」
医者「君良かったねー。病院来てー。もっと遅かったら危なかったよー」
医者「これは帯状疱疹です」
パンフレットを渡される。ふむふむ。
ストレスとかでなるとのこと
医者「こころあたりは?」
けお「ありすぎてわかりません」

まぁ、しこたま仕事してましたからね。残業してましたらかね。月60時間はしてましたね。
まだまだとかって言われるかもしれないけど。しらん。オレには十分多い。

帯状疱疹って何よ?

簡単にいうと、水疱瘡にかかったことある人で
その後そのウィルスが潜伏してたんだけど、疲労とかをきっかけに出てきましたって感じです。

詳しくは以下が参考になります!
帯状疱疹って? | 帯状疱疹 | マルホ株式会社
帯状疱疹には即、抗ウイルス薬 1週間服用で完治|WOMAN SMART|NIKKEI STYLE

びっくりしたこと!

いや、この治療薬が高い。
高いというのは、主観的で単なる個人的な意見なのだが。通常の風邪とかと比べてって意味よ?
ファムビルって薬だったんだけど、確か5000円は普通にしたはず。
薬代でよ!!
薬局行って薬もらって帰るか―って感じで、お代5000円でーす。
って、
画像★
になったね。
ちゃんと、お金をおろしていくこと!

どうすれば良いのか?

薬もらって休みましょう。

最悪どうなるの?

例えば、だいたひかるとか、いしだ壱成とかとかとか。

最後に

まぁ、実はストレスではなくて、症状が出る前日の日曜日にありえないほどしこたまワインを飲んでそのまま寝たのが
免疫を下げて帯状疱疹になったのではという思いもなくはない。

いや、ない。それはない。だって仕事忙しかったし。ストレスでなったって言ったほうが、みんなに心配してもらえるし
あいつ頑張ってんだなって思ってもらえるもん(←ゲスな考え)

本当にまじめな話だと、その両方だと思ってます。
ストレスは本当に仕事がピークで、ヘロヘロだったし、その時点でたぶん免疫落ちてたんだと思う。
そこに、そのストレスを開放するためにしこたま酒飲んで、免疫下がって、体の中から帯状疱疹こんにちはしちゃたんじゃないかと。

おわり。