けおのTokyoサバイバル

生き残れるか東京で?仕事と女とお金と夢と。

RPAがバズってるけどエクセルマクロと同じじゃね?って思ったので調べてみた

  

どーも。けお(@)です。

働き方改革のおかげで新聞でも、会社でも「RPA」が流行ってますね。
今年のバズワード大賞ですね。
ちょっと前は、「ビッグデータ」が流行ってましたが一時期よりかはあまり聞かなくなったような

個人な意見としては、RPAによって「作業」を人がわざわざやらなくて済むので大歓迎です。
ただ、ちゃんと保守できるの?ってのは結構気になってたりします。
マクロが運用・保守されなくなって使われなくなったりといのはどこの現場でもあるのではないでしょうか?

あとは、RPAとマクロってどう違うんじゃい?とか、股引をヒートテックって言ってるのと同じで一種のマーケティングなんですかね?
と思ったので自分なりに調べてみました。

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)の略です。
想知的労働者(Digital Labor)が作業を自動で行ってくれるようになることですね。

RPAの代表的な会社

RPAテクノロジーズ

rpa-technologies.com

デロイト

www2.deloitte.com
SMBCがデロイトのRPA

マクロと何が違う?

正直ここがわかっていませんでした。巨大マクロと何が違うのか。

RPA マクロ
作業の記録による作成 -
コードによる作成
実行

RPAでは、PC上のすべての作業を記録することが出来る(ようです)。マクロはExcel内の作業だけです。

なのでPCを使うことができれば誰でも作成することにRPAの優位性があるように思えます。

例えば、ブラウザを開いてそのページをコピーしてメールするなどです。

しかし、高度な単純作業であればマクロを使わないと出来ないのではとも思います。
例えば、チェックボックスがついている表と、他の表の2つの表を比較して、
両方にあったらチェックボックスをつけさせたいといった場合
クリックベースの記録のRPAでは対応出来ないように思います。
(おそらくこれもRPA内でコード書けば良いんでしょうが)

なので、おそらく優位なのはコピペ+クリックベースの単純作業の部分でRPAの方が優位なのだと思います。

個人的に思う懸念点

あと個人的に懸念しているのは、
エラーハンドリングはどうなっているのか?
保守・運用管理はどうするのか?
という点を懸念しています。

RPAを導入している企業だと
その成果を○つの業務で○体のロボを作成し、○時間業務削減を行った!
とあります。
そのロボはどういうように保守・運用管理するのでしょうか。
おそらく、会社としてそこまで考えられている組織はRPAが根付くでしょう。
しかし、なんとなく現場任せでRPAを導入した企業は現場でRPAを作成した人がいなくなれば
そのロボは野良ロボと化し誰もどうしてよいのかわからず放置され、また似たようなロボが作成されることになるでしょう。


自分だったらRPAをどうするか

・一覧管理
そもそも同じロボ作ってもしょうがないので作る前に同じものを作ってないか確認したいですね。違う部署で同じものを作っても効率が悪いので
・作成管理
作成したらどういうフローで周知するのか?(これがないと誰がいつなにを作ってどういうように作業を減らしたのかがわかりません)
可能であれば部署ごとに月次で新規のロボがどれだけ作成されたかを見える化したいですね。そして、それが全社に連携され誰もが気づける状態になっていると良いですね。
作成されたロボの説明(があれば)を見て、同じものを作ろうとしていた場合には全社共通のロボとしてしまいたいですね。

部署 新規
A部署 1 体
B部署 3 体
C部署 2 体

・保守・運用管理
どのタイミングでそのロボを見直すのか?そのロボがエラーを吐いたらどう検知するのか?そもそもそのロボを修正するのは誰か?
・廃棄管理
そのロボを廃棄するのはどのタイミングか?廃棄する前にはどういったことを考慮するか?
etc

現状RPAを導入している企業でどこかここまで考えられている企業があったら是非参考にしたいですね。
以下のサービスとかも導入したけどうまくいかないって企業向けにうけるのでしょうね。
rpa-technologies.com

RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~

RPAの威力 ~ロボットと共に生きる働き方改革~

  • 作者: 安部慶喜(アビームコンサルティング株式会社),金弘潤一郎(アビームコンサルティング株式会社)
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2017/11/16
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
RPA革命の衝撃

RPA革命の衝撃